電化製品

アイリスオーヤマ製のテレビを録画できるブルーレイレコーダーのおすすめ3選!

アイリスオーヤマのテレビを持っているけど、レコーダーも欲しくなってきた。買うならどれがいいんだろう。あまりよくわかない。。。

そんな疑問にお答えします。

アイリスオーヤマはブルーレイレコーダーを生産していません。

そのためブルーレイレコーダーの新規購入を考えるなら、主要メーカーの売れ筋商品がおすすめです。

調べてみたけど、テレビにHDMI端子があれば他メーカーのレコーダーでも繋げるん

現在持ってるテレビに録画機能が備わっている場合は、外付けHDDを購入することで録画番組を保存できます→アイリスオーヤマ製のテレビを録画できる外付けHDDおすすめ3選!

アイリスオーヤマのテレビで録画可能なブルーレイレコーダーの売れ筋3選

主要メーカー4社のブルーレイレコーダー価格比較【2020年版】

色々メーカーがある中で迷う人向けに、以下のおすすめ【A】【B】【C】を紹介します。

 お手頃モデル4Kチューナー搭載モデル全自動録画モデル
 2チューナー/500GB4K/3チューナー/2TB7チャンネル録画機能
Panasonic
(DIGA)
【A】
35,500円
DMR-BCW560
59,800円
DMR-4W200
【C】
59,800円
DMR-BRX2060
7ch/2TB
TOSHIBA
(REGZA)
34,980円
DBR-W508
57,209円
DBR-UT209
67,000円
DBR-M3009
タイムシフト7ch/3TB
SHARP
(AQUOSレコーダー)
【B】
32,000円
2B-C05BW1
53,000円
4B-C20AT3
なし
SONY39,450円
BDZ-ZW550
78,310円
BDZ-FBT2000
なし

※2020年6月14日Amazon価格掲載(リンク先はAmazonページ)

【A】パナソニック 500GB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BCW560

こちらは2チューナー搭載のパナソニックのブルーレイレコーダーです。同時に2番組まで録画できます。

専用アプリを使えばスマホから録画予約と視聴が可能で、家にあまりいないライフスタイルの人でもしっかり活躍するブルーレイレコーダーです。詳しい機能説明はこちらから。

スマホで外で観れるのは助かるなぁ。家にあまりいないサラリーマン向けかな

【B】SHARPアクオス 500GB 2番組同時録画 ブルーレイレコーダー 連続ドラマ自動録画 AQUOS2B-C05BW1

こちらはシャープの2チューナー搭載のブルーレイディスクレコーダーです。2番組録画まで可能です。

連続ドラマの自動録画機能は、一回録画予約すると4週間連続で録画予約がされ、その後の連続予約や削除に関してもスムーズな操作で対応できます。

お手頃価格のモデルですが、痒い所にも手が届く機能を備えたシャープの売れ筋ブルーレイレコーダーです。詳しい機能説明はこちらから。

シンプルかつ、ドラマ予約も便利だから、主婦向けかな

【C】全自動録画モデル パナソニック ブルーレイディスクレコーダー おうちクラウドディーガ  7チューナー 2TB HDD内蔵 DMR-BRX2060

全自動録画モデルのブルーレイレコーダーです。7チューナー搭載のため、番組予約をしなくても、指定したチャンネルの番組全てをハードディスクに自動で録画可能です。

こちらの2TBモデルでは最大6ch×16日分の自動録画ができます。また全自動録画では上書き消去機能もあるので容量不足の心配もありません。

専用アプリを使えばスマホから録画予約と視聴が可能という優れた機能も。口コミではスペックの高さに非常に満足度が高いとのコメントも多いです。詳しい機能説明はこちらから。

全録モデルは高いと思ってたけど、機能面を考えると、意外と手が届く価格かも。ほしい。。

ブルーレイレコーダーの基本事項

現在の国内ブルーレイレコーダー市場は、パナソニック東芝シャープソニーの4強といえるでしょう。

要点として、どのメーカーも一般的な機能に大きな違いはありませんが、番組を全自動で録画できる全録(タイムシフト予約)機能はパナソニック東芝の特定機種のみで搭載してます。

どうやら各メーカーで機能と値段は大きな差はないから、自分の好きなメーカーを決め手にしてもいいかも

ハードディスク容量は500GBなら63時間(12倍録画なら756時間)

一般的に主要メーカー録画機能はDRモードと12倍モード(AVC録画)の2種類です。

HDD容量500GB1TB2TB
DRモード約62時間約126時間約254時間
12倍モード約530時間約1075時間約2163時間

・DRモード:放送そのままのハイビジョン画質
・12倍モード:放送データを圧縮変換した画質

ご家庭の人数が多い方や、とにかく高画質で録画したい方は、購入の際に使用するHDD容量を考えることをおすすめします。

また途中でHDD容量が足りなくなっても、別途外付けHDDを購入することで、後からでもHDD容量を増設することも可能です。

自分の録画したい番組のジャンルを考えて、録画の画質と容量を決めるのが良さそう

4Kチューナー搭載レコーダーはテレビが4K以外なら不要

今季の各メーカーのカタログを読みましたが、どのメーカーも4Kレコーダーを売りにしてます。

4Kレコーダーとは、4Kチューナーを搭載した高画質で録画可能なレコーダーなのですが、実際にはテレビが4K対応でないと意味はありません。

通常レコーダーと4Kレコーダーでは、金額も1~2万円の開きがあるので、今後のことを考えて購入するのが良さそうです。

テレビも今後買い替える予定があるなら、4Kレコーダーを検討してもいいかも。

全録(タイムシフト録画)機能はDIGAとREGZAにのみ搭載

全自動録画機能を持っているレコーダーは、パナソニックのDIGA東芝のREGZAの2機種のみです。

全自動録画機能とは、指定したチャンネルの番組を全て自動で録画して、設定した時期が過ぎたら録画した番組が順番で自動削除される仕組みです。

これにより、例えば一週間以内なら好きな番組を遡ってみることのできる斬新な機能です。

・パナソニックDIGA 全自動ディーガ
最大10チャンネル分×28日間分(8TB機種)

・東芝レグザ タイムシフトマシン録画
最大6チャンネル分×最大15日間分(4TB機種)

録画予約せずに、面白い番組を後から見返せるのは良さそうだなぁ

もちろんブルーレイレコーダーでDVD再生も可能

一般的なブルーレイレコーダーはDVDの再生が可能です。また録画に関しても、DVD-Rへの書き込み可能なモデルが多いです。

実は気になってたけど、DVD見れるんだ。よかったぁ。

それでは、皆さん快適な録画ライフを!

【簡単ホームシアター】今、1万円以下で買える家庭用プロジェクターの性能進化がすごい

家で過ごす時間が増えたから、もっと自宅生活を充実をさせたい。。。

そんなことを考えている方には、1万円以下で買える家庭用プロジェクターをおすすめします。

1万円以下でも家で映画やアニメを楽しむには充分な性能に進化しており、大人から子供まで楽しめる非日常のホームシアターが簡単に作れます。

あわせて読みたい
【自宅生活を充実させよう】口コミ満足度の非常に高い1万円以下で買える家庭用プロジェクター3選! そんな疑問にお答えします。 この記事では1万円以下で買える家庭用プロジェクターと知っておきたいプロジェクターの基本機能について紹介...