転職・働き方

【仕事でミスして落ち込んでいる人へ】運動・風呂・寝るの後に知りたいこと

仕事でミスした僕
仕事でミスした僕

「仕事でミスしてしまった、、、はぁ、落ち込むわ。自分の不注意だし、周りに迷惑かけちゃったし、落ち込むわ。。。」

久しぶりに仕事でミスをしてしまった当時の自分に向けて回答します。

今まさに落ち込んでる人へ

もしあなたがミスしたばかりで、ひどく精神的に落ち込んでいるなら、おそらくこの記事を読んでもすぐには回復しないので、身体的なリフレッシュが重要です。

・体を動かす

・お風呂に入る

(・お酒を飲む)

・寝る

人間の感情の起伏は、案外フィジカルなところに起因するので、まずはリフレッシュをして、その後の時間を有意義に使いましょう。

仕事をミスして自分にがっかりしてるのは仕事に真摯な証拠(主張)

さて、ミスから少し経って冷静になった人に向けて続きを書きますね。

仕事でのミスはあまりしたくないですね。

特に自分のミスで周りに迷惑がかかると、とても落ち込みます。

 

ミスをして、落ち込むのは、自分に失望することが理由です。

「なんでこんなミスをしたのか」「自分はもっとできるのでは」と思うことは私もこれまで何度もありました。

 

仕事でミスして落ち込むのは仕事に真摯に取り組んでいるからこそです。

仕事でミスして落ち込まなくなってしまったら、これ以上成長することはありません。

久しぶりの落胆を通じて、仕事をする上での感情の起伏は改めて大事なのだと思いました。

ミスをして改善していくのが成長の過程(理由)

ミスをすると辛いですが、それは業務を覚えている最中に生じる障害のようなものです。

もしくは、少し仕事に油断してしまった時に、気を引き締めるためにおこるものです。

あまりに大きなミスをすると、精神的にきっついですが、、、

基本的に次は今回よりよくやれるはずだとポジティブにとらえればOKです。

ミスが減ってくると、モチベーションの欠陥が訪れちまう。。。(反論への理解)

ミスはしないのが一番です。

そう思いながら業務をこなしていくと、何事も経験なので複雑な業務も回数をこなしていく内に慣れていきます。

そうすると、やがてミスは減っていきます、、、

ミスが減って、仕事をこなせるようになると、仕事はだんだん楽しくなります。

仕事が楽しくなっても、ほんとに好きだったり、自分で仕事を楽しめるような工夫がないとだんだん飽きてしまいます。

あくまで、私の一例ですが、

仕事を覚える→時々ミスする→落ち込む→頑張る→ミス減る→慣れる→仕事楽しい→慣れる→仕事飽きる→同じ仕事飽きる→転職しようか、、、

といった感じで、私は3年ほど勤めてなおかつ異動がないと、最終的に仕事辞めてしまっています。

仕事をミスして落ち込むのは成長の過程なので、前向きにいきましょう(再度主張)

結論は、仕事でミスしても前向きに捉えましょう、ということです。

3年くらいの長い目で見ると、自分が仕事で成長している過程の一部です。

やがてミスがなくなってくると、今度は別の問題と向かい合うかもなので、生きていればその都度その都度あります。

有意義な人生のためにも環境を変えて刺激を求めたい(私の場合)

一つの会社に長年勤められる方もいるわけですが、私の場合は環境を都度都度変えるのが必要なタイプです。

ミスがなくなると、やがて仕事に飽きて、自分が成長してないと感じ、時間が勿体なく感じてしまいました。

有意義な人生のために、自分の成長のためにも、環境を変えるのは大事だと思うので、転職活動を行っています。

https://ikebukurogu.com/work/job-change-activity-note.html