家電関連のHOMEメニューはこちら
市販のお茶

オーサワの「有機熟成三年番茶」を開封してみた。

お茶を買って飲んでます。

今回はオーサワの有機熟成三年番茶を飲んでみます。

オーサワの「有機熟成三年番茶」を飲んでみた

「有機熟成三年番茶」は1.8gが20包入り

紙の箱パッケージに入ってます。

全部で20包入りです。

5個ずつビニール包装されています。

1個1個紙で包装されています。

価格の割には、20包入りと大容量です。

「有機熟成三年番茶」は京都府の有機茶を使用

ティーバッグはこちら。紙の包から出したら粉が落ちちゃいました。

茶葉はかなり細かく砕かれています。

京都府の有機茶を使用しています。

加工詰めは神戸紅茶さんに依頼しているようですね。

「有機熟成三年番茶」の淹れ方

箱の側面に淹れ方が載ってました。

①カップに本品1袋を入れます。

②沸騰させたお湯をカップに注ぎ、1~2分程浸します。

③お好みの濃さになるように本品を軽く振ってください。

④本品を取り出して出来上がりです。

「有機熟成三年番茶」を飲んだ感想

湯量の指定はないですが、100cc~150cc程で美味しく飲めました。

番茶の特徴である、自然な甘みがしっかりでてます。

程よい芳ばしさあって良いですね。

一口目の味わいは番茶として美味しいです。

ただ、茶葉が1.8gなのでややさっぱりとした味わいにも感じます。

番茶の深みと奥行ある旨味・甘さを味わいたい人にとっては、けっこうさっぱり系にも感じます。

さっぱりとした焙じ茶にも近い感じです。

今思うと、パッケージを開けた瞬間の方が風味や味わいが強かった気はします(さすがに開封から1カ月経ったら、風味が落ちるのは当たりまえですよね)

この商品は5包単位のビニールから出すと密封されなくなるので、全20包の飲むペースは大事かもです。

「有機熟成三年番茶」の販売情報

「有機熟成三年番茶」は「オーサワジャパン株式会社」が販売

オーサワジャパン株式会社は1945年に創業された、東京都目黒区に本社を置く企業です。

企業理念の中心に「マクロビオティック」を据えており、健康食や、書籍販売を行っております。

「オーサワジャパン株式会社」はマクロビオティックを推進する歴史ある会社

マクロビオティックとは、自然と調和しながら健康的な生活を送る概念です。

具体的に食において、玄米や穀物、野菜や採食など自然から穫れる、滋味あふれる和食メインの料理になります。

オーサワジャパングループは、1945年の創業以来、マクロビオティックに地道に取り組んでまいりました。
先人の方々が築いてきたマクロビオティックの伝統や価値をベースに、
マクロビオティックの考え方や体験、そして自信を持って選び抜いた高い品質の商品をお届けしています。
これからもみなさまに寄り添いながら、ライフスタイルや健康に貢献できるように全力を尽くして参ります。

引用:オーサワ公式サイト

「有機熟成三年番茶」はAmazonや公式サイトで販売

Amazonで販売しています。

楽天市場やYahooショッピングでも販売しています。

オーサワの公式サイトでも購入できます。

台湾茶ティーバッグ事業始めました

「毎日の生活を少し豊かにする」台湾茶のティーバッグを販売してます。

自宅で簡単に淹れられる四季春茶・木柵鉄観音茶・台湾蜜香紅茶・台湾ジャスミン茶・を好評取扱中です。