家電関連のHOMEメニューはこちら
市販のお茶

久順銘茶の「茉莉花茶(ジャスミン茶)」を開封してみた。

お茶を買って飲んでます。

今回は久順銘茶の「ジャスミン茶」を飲んでみます。

久順銘茶の「ジャスミン茶/茉莉花茶」を開封してみた

「ジャスミン茶」は2g×10包入り

九順銘茶のジャスミン茶は2gのティーバッグが10包入ってます。

ピラミッド型のティーバッグで、素材の透明性も高いです。

ティーバッグを開封した茶葉はこちら。

着香後はジャスミンの花は取り除かれているようです。

「ジャスミン茶」の淹れ方

九順銘茶のジャスミン茶の淹れ方はパッケージ裏に載ってます。

カップを温めて⇒茶葉を少し蒸らし⇒お湯を注いでフタをします。

湯の温度は70℃~80℃なのでやや低めです。

というわけで、早速入れてみます。

沸騰したお湯を少し冷ましたのちに、マグカップで75℃~80℃で抽出。

湯量は200ccほどで淹れてみました。

「ジャスミン茶」を飲んだ感想

ここからは味の感想。

一口目に感じたのは、ジャスミンの香りよりも、しっかりと出ている緑茶の味わいです。

温度調節して抽出した緑茶だからこそ、渋みは抑えて、しっかりと旨味成分が出されています。

ジャスミン茶の緑茶は中国茶系統なので、釜炒りで、飲み心地の良さを感じる味わいです。

そして、後味に喉から口中にかけて、ジャスミンの香りがふわっと広がってきます。

ジャスミンの香りも強すぎることなく、自然な感じ。

緑茶の旨味とジャスミンの香りの比重が印象的には半々ほどで、バランスが完成されている印象をうけました。

久順銘茶の「ジャスミン茶」の販売情報

久順銘茶ブランドの「ジャスミン茶」は株式会社Tokyo Tea Tradingが販売

こちらのジャスミン茶は株式会社Tokyo Tea Tradingの商品です。

台湾茶の商品を多く手掛けており、「久順銘茶」ブランド以外にも「Mug&Pot」という、より少量サイズのティーバッグを取り扱っています。

Amazonや公式サイトや量販店で販売

久順銘茶のジャスミン茶は、Amazonや楽天市場、Yahooショッピングで購入できます。

公式サイトではブランド関係なく、Tokyo Tea Tradingの一連商品を一括購入可能です(一定金額以上で送料無料)

また量販店でも販売しており、カルディ等の食品店でも同商品を見かけました(この商品ではないですが、コストコでも同社の大容量商品も売ってます)

台湾茶ティーバッグ事業始めました

「毎日の生活を少し豊かにする」台湾茶のティーバッグを販売してます。

自宅で簡単に淹れられる四季春茶・木柵鉄観音茶・台湾蜜香紅茶・台湾ジャスミン茶・を好評取扱中です。