お茶の飲み歩き

掛川のきみくら本店で「抹茶ティラミス」を食べてきた。

先日は掛川市のきみくら本店に行ってきました。

某人気アニメにも出た人気のお茶屋さんです。

飲んできたので簡単にレポートします。

日本茶きみくら本店に行ってきた

日本茶きみくら本店の特徴

・東名高速道の掛川ICから車で5分
・1Fはこだわりの売店
・2Fは上質な茶寮空間
・抹茶ティラミスが想像を超えてきた美味しさ

きみくら本店に行ってきた

静岡の取引業者さんとの打ち合わせのあと、きみくら本店にやってきました。

掛川ICからは車で5分程度。横に長い静岡県内は、どこも高速ICからのアクセスが良くて生きやすいです。

隣接する駐車場に車を停めて、いざ店内に入ってみます。

1Fのお茶販売空間

1Fは感じの良いお茶の販売空間です。

季節ごとのおすすめのお茶。

ちょうど水出し茶がまず目の前に入ってきました。

茶農家さんの顔も見れる、こだわりのお茶も置いております。

お店のイチオシ、きみくらの庵のティーバッグ商品も置いてます。

茶器コーナーも充実しており、お茶好きにはたまりません。

ゆるきゃんコラボのきみくらの庵

きみくら本店は、ゆるキャン△の作中に登場するお茶屋さんでもあります。

主人公が静岡県内を原付で横断中に立ち寄ったお茶屋さんです。

お店のイチオシの掛川茶「きみくらの庵」は、ゆるキャン△コラボパッケージとして発売されてました。

そして、このお店の魅力は、2Fの茶店空間。階段を登って、2Fに向かいます。

2F茶店空間で注文したもの

階段を登った2Fはこんな感じ。

カウンター内には店員さんが3人くらいいました。

店内の上質な作りと、一同に集まる店員さんの視線に少し緊張したのでした。

お茶と甘味のセットを注文

座席に案内されて、メニューを開きます。

お目当ての抹茶ティラミスがありました。

「抹茶ティラミス」と「抹茶ガトーショコラ」を注文しました。

甘味とお茶のセットなので、次にお茶を選びます。

お茶は上記の5種類から選べます。

温茶・冷茶・抹茶・玉露と、比較的分かりやすいラインナップです。

今回は「きみくらの庵」と「さえみどり」を注文しました。

きみくらの庵

まずは「きみくらの庵」を頂きます。

程よい柔らかさ、優しさを感じるお茶です。

旨味やキレに特化しすぎない深蒸し茶という印象。

ほのかな苦味が味わえ、甘いものと組み合わせても良いです。

1杯目は注いだ状態で提供され、その後は自分でお湯を継ぎ足して、2煎目3煎目と頂きました。

さえみどり

こちらは冷茶でいただく「さえみどり」です。

急須で淹れたお茶を、目の前で細かい氷たっぷりのグラスに注いでもらい提供されます。

香りたつ冷茶。

日常的に冷茶は飲めますが、淹れたての冷茶は香りや鮮度が違います。

深蒸しの淹れたて冷茶って、実は初めて飲んだかもですが、かなり濃厚な味わいです。

茶として美味しいので、けっこうすぐに飲み切ってしまいました。

とても美味しいですが、甘味とじっくり味わうなら温茶の「きみくらの庵」の方が良いかもしれません。

抹茶ガトーショコラ

食感が美味しい。濃さが程よい良い。

甘すぎず、ねっとりとした食感がクセになります。

食べ進めるうちに、段々と美味しさが増してくる感じです。

抹茶ティラミス

おそらくお店の名物甘味。

抹茶ティラミスを頂きます。

全体的に甘さ控えめのティラミスです。

クリームのかすかな酸味もとても上品。

そして、苦い抹茶の粉の苦さがアクセントとして効いてます。

これは美味しい。

完成度の高さを感じる抹茶ティラミスです。

これはおすすめ。

掛川を通る際は、是非寄ってみてください。

日本茶きみくら本店の営業時間・アクセス

営業時間

店舗情報

日本茶 きみくら 本店
電話番号:0537246008
営業時間:10:00-18:00

住所・アクセス

〒436-0016 静岡県掛川市板沢510−5(リンク先はGoogle MAP)

駐車場も併設してます(10台は停められそう)

静岡県内でも、おすすめできる茶店です。

お茶はもちろんですが、抹茶ティラミスの品の良さは驚きました。

また行きたい。

台湾茶ティーバッグ事業始めました

「毎日の生活を少し豊かにする」台湾茶のティーバッグを販売してます。

自宅で簡単に淹れられる四季春茶・木柵鉄観音茶・台湾蜜香紅茶・台湾ジャスミン茶・を好評取扱中です。