家電関連のHOMEメニューはこちら
お茶の飲み歩き

亀山古民家カフェきーぷで「亀山紅茶kiseki」を飲んできた。

先日は亀山紅茶を飲みに三重県亀山市まで出かけてました。

古民家カフェで気になっていた亀山紅茶を飲んできたので簡単にレポートします。

古民家カフェきーぷに行ってきた

古民家カフェきーぷの特徴

・東海道五十三次の関宿の宿場町(古民家カフェ)
・近隣に観光用無料駐車場有
・店内は3テーブルほど(庭もあった)
・軽食や甘味も充実

亀山の古民家カフェに行ってきた

今回は三重県の関市にある古民家カフェにやってきました。

ここは東海道五十三次の四十七番目にあたる関宿になります。

昔の建物の面影がそのまま残った、印象的な景観です。

そんなエリアに古民家カフェきーぷはありました。

2017年にできた比較的新しい古民家カフェです。

内装はこんな感じ。大きめのテーブルは3卓。

他にはカウンター席がありました。

柱梁や、開放的な天井空間が見えて、とても素敵な作りです。

コーヒー・紅茶・軽食・甘味が揃ったバランス良いメニュー

メニューはこちら。

コーヒー紅茶以外にも、モーニングやランチサービスも行ってます。

ケーキやコッペパンなど、魅力的なメニューが色々ありますね。

亀山べにほまれ紅茶”kiseki”の頼めるお店

さて、そんな関宿の古民家カフェに来た目的はただ1つ。

亀山べにほまれ紅茶を飲んでみたかったからです。

明治時代に生産された日本初の国産紅茶でありながら、近年また復活プロジェクトを進行中の国産紅茶です。

インターネット上では探したものの購入できなかったので、実店舗まで足を運んでみました。

亀山べにほまれ紅茶を飲んでみた

というわけで注文しました。

かなり雰囲気ありますね。

これは期待。

カップに移すと、ちょうど1杯分の量でした。

透き通った色が鮮やかで綺麗です。

一口飲んで和紅茶らしさを感じます。

えぐみはやや感じましたが、それでも軽めです。

味わいも透き通っていて、適度な渋みが心地良いです。

味に”たしかな主張”はありますが、美味しく飲めました。

 

亀山紅茶のプロジェクトは進行中なので、気になった方はこちらをどうぞ⇒三重県亀山紅茶

古民家カフェきーぷの営業時間・アクセス

営業時間

店舗情報

古民家かふぇ きーぷ
電話番号:0595963001
営業時間:8:00-17:00

臨時休業日もたまにあるので、事前にお店のHPで確認することを推奨します。

住所・アクセス

〒519-1107 三重県亀山市関町木崎1497(リンク先はGoogle MAP)

東海道の宿場町エリアで、観光地というより歴史文化遺産保存エリアのようになってます。

駐車場も近くにあります。訪問時は以下の駐車場に停められました。

駐車場① /駐車場②

台湾茶ティーバッグ事業始めました

「毎日の生活を少し豊かにする」台湾茶のティーバッグを販売してます。

自宅で簡単に淹れられる四季春茶・木柵鉄観音茶・台湾蜜香紅茶・台湾ジャスミン茶・を好評取扱中です。