タピオカ&ティースタンド

【閉店】コイティー/KOI Thé表参道店にオープン日に行ってきた!ゴールデンタピオカがとても新鮮!

koi

こんにちわ。ティースタンド愛好家です。

アジアで人気のタピオカ店「KOI Thé」がようやく東京にオープンしました。

あわせて読みたい
【閉店情報】急増した都内のタピオカ店の閉店情報をまとめました そんな疑問にお答えします。 この記事では2017年~2020年にかけて私が実際に足を運んで記事にしたお店の閉店情報をまとめました。...

【※追記こちらのお店は閉店しました 2020年7月更新】

あわせて読みたい
表参道・原宿・青山のタピオカ(台湾茶)専門店が35→11店舗になりました【閉店情報追記版】こんにちわ。ティースタンド愛好家です。 この記事では近年急速に店舗の増えた原宿・表参道エリアのタピオカ専門店をまとめました。 ※コロ...

KOI Théとはすっきりとした味わいのミルクティー

KOI Théの特徴

・「50嵐」の海外ブランドでアジアに300店以上出店
・小粒のゴールデンタピオカが珍しい
・アッサム茶とセイロン茶の2大看板

台湾で有名な『50嵐』の海外ブランド

koi台湾で至る所で見かけるタピオカ店『50嵐』。

なんと台湾だけでも500店舗以上の出店数を誇るそうです。

その『50嵐』の海外ブランドが『KOI Thé』になります。

日本ではこれまで沖縄と広島にのみ店舗を構えていたため、タピオカマニアの間では東京出店が待ちわびていたお店です。

koi表参道店は天井高く開放感のある店舗設計です

ゴールデンタピオカって何?

koiゴールデンタピオカは着色してない天然原料を用いたタピオカだそうです。

「KOI Thé」は、カラメルで人工的に色付けをしたブラックタピオカではなく、無着色で天然原料の
ゴールデンタピオカを使用しています。さらに賞味期限が 2 時間以内の新鮮なゴールデンタピオカのみ
を提供しています。粒が大きく、モチモチした食感は一度口にしたらやみつきになる自慢の味です。

「KOI Thé(コイ・ティー)」表参道店出店情報

タピオカ黒糖ミルクティーとミックスミルクティーを飲んでみた

koiタピオカ黒糖ミルクティー(左)とミックスミルクティー(右)

今回は二人で行ったので、こちらの二品を注文しました。

タピオカ黒糖ミルクティー(甘さ25%)
甘さを減らしすぎるとちょっと黒糖の苦みが目立ってしまって、やや不完全燃焼。他店だと黒糖の甘さ調整ができないことが多いので、やっぱもっと甘いほうがいいかな。

ミックスミルクティー(甘さ50%)
ミルクティーはアッサムといえどもそこまでお茶の味は強くない感じでした。たくさん飲んでもしんどくないので、すっきりとした味わいです。小さくても存在感のあるタピオカが印象的。ゴールデンタピオカとパールタピオカですが、サイズ感は変わらないのでそこまでミックスしてる感は感じませんでした。

KOI Thé表参道のメニュー・営業時間・アクセス

メニュー

koi気になったのは甘さが最上級のMore Sugar120%。どんだけ甘いんだろう。

主なメニューは以下の通りです。

・ゴールデンタピオカミルクティー Sサイズ470円(税込み)
アッサム茶とタピオカの食感が生かされたドリンク。

・ミックスセイロン紅茶ラテ Sサイズ470円(税込み)
ゴールデンタピオカと透明感が高く小粒のパールタピオカからなるミックスタピオカドリンク

・抹茶ラテ Sサイズ450円(税込み)
日本産の抹茶にこだわった和風ドリンク

営業時間

店舗情報

営業時間:10:00〜21:00

行き方・アクセス

 

台湾茶ティーバッグ事業始めました

「毎日の生活を少し豊かにする」台湾茶のティーバッグを販売してます。

自宅で簡単に淹れられる四季春茶・東方美人・鉄観音茶を好評取扱中です。