電化製品

オリンパス(OLYMPAS)の一眼カメラに取付け可能な自撮り棒おすすめ3選

オリンパス(OLYMPAS)の一眼カメラを使っているけど、一眼にも取付け可能な自撮り棒がほしいなぁ。持ち運びしてもブレないやつもあるらしいけど、あまりよくわかない。。。

そんな疑問にお答えします。

例えばこちらの「OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M10 MarkIII EZダブルズームキット ブラック」は売れ筋のミラーレス一眼カメラです。

この記事ではOLYMPASの一眼レフカメラ/ミラーレスカメラに取付け可能な自撮り棒及びスタビライザーをご紹介します。

OLYMPASのカメラに取付け可能な自撮り棒3選!

【ZHIYUN】 WEEBILL S ジンバル 電動スタビライザー ミラーレスカメラ 一眼レフ対応

ZHIYUN(ジーウン)の一眼レフ対応のジンバルです。ZHIYUNとはスマートフォンやデジカメ等の、小型カメラ向けのスタビライザーを製造している中国のメーカーです。

購入者の口コミを見てみると、これまでスタビライザーを使ってきた人にとっては、軽くても持ちやすく使いやすいそうです(重量は926g)。またスタビライザー特有の水平調整にさえ慣れれば使いやすいとの声もありました。

【DJI】 RS 2 Pro Combo スタビライザー

DJI(ディージェイアイ)の一眼レフに対応したプロ仕様のスタビライザーです。DJIは2005年設立の中国シンセンにあるドローンを得意とするメーカーです。

金額も高額でプロ仕様の性能を持った機材ですが、購入者のレビューを見ると、特に欧州諸国のユーザーから高い評価を受けています。重量は830gです。

【Ulanzi】 U-Grip Pro gopro 手持ちスタビライザー

Ulanziの小型の手持ちスタビライザーです。Ulanziは中国シンセンに拠点を置く、小型のカメラ三脚やセルフィーを得意とする家電ブランドです。

製品自体は225gと軽量で、価格帯も手頃なスタビライザーになります。上部のグリップ部分には、ビデオマイクやライトを取り付けることが可能です。購入者のレビュー評価もおおむね好評で、ローアングルの撮影には最適とのことです。

スタビライザーの基本事項

カメラ用の自撮り棒を探してたら、スタビライザーとかジンバルとか色々と新しい名称を聞くけどそれって何なの?

スタビライザーとは

語源の英語のstabilizerは、機材や人を安定させるという意味になります。主に車におけるローリング(車体の左右の傾き)を防ぐためのサスペンションの部品として、日本語でも使われてきましたが、近年のスマホでの動画撮影や動画投稿の中で、カメラやスマホの水平調整器具としても普及してきました。

ジンバルとは

ジンバル(Gimbal)とは、一つの軸を中心として回転させる回転台の意味になります。主に船舶や航空分野などの機械工学で用いられた用語ですが、スマホでの動画撮影の水平調整器具の意味としても、世界的に使われています。

スタビライザーとジンバルの違い

厳密にはスタビライザーは重りで、ジンバルはモーターでの揺れを調整する違いがあります。

ただしAmazonにあるカメラ用の水平調整機材の商品名を見てみると、「ジンバル」と「スタビライザー」は同義語として同一の商品名で併用されて使われています。カメラ用機材としては、ほとんどが同義語として使われているようです。

ちなみに私が以前購入したZHINYUNの機材は、モーターでの水平調整だったのでジンバルといえるでしょう。

あわせて読みたい
video
一万円台で買えるビデオカメラおすすめ人気ランキング近スマホでよく動画を撮るのですが、段々とビデオカメラで撮りたくなってきました。   調べてみるとひと昔前に比べて、気軽に買えるビデオ...
【簡単ホームシアター】今、1万円以下で買える家庭用プロジェクターの性能進化がすごい

家で過ごす時間が増えたから、もっと自宅生活を充実をさせたい。。。

そんなことを考えている方には、1万円以下で買える家庭用プロジェクターをおすすめします。

1万円以下でも家で映画やアニメを楽しむには充分な性能に進化しており、大人から子供まで楽しめる非日常のホームシアターが簡単に作れます。

あわせて読みたい
【自宅生活を充実させよう】口コミ満足度の非常に高い1万円以下で買える家庭用プロジェクター3選! そんな疑問にお答えします。 この記事では1万円以下で買える家庭用プロジェクターと知っておきたいプロジェクターの基本機能について紹介...