デリバリーサービス

ゴンチャのデリバリーをUberEats・出前館・LINEデリマでそれぞれ注文して比較してみた

ゴンチャがデリバリーサービスを始めたって聞いたけど、UberEatsや出前館とか色々ある。。。

一体どれを使うのがお得なの?。。良く分からない。。。

そんな疑問にお答えします。

この記事ではゴンチャのデリバリーサービスをUberEats・出前館・LINEデリマで使ってみた僕が、それぞれの価格やメリット・デメリットをまとめました。

Contents

ゴンチャのデリバリーサービスについて

ゴンチャがデリバリーサービスを2020年3月よりスタート

ゴンチャのデリバリー対応店舗一覧

デリバリー対応店舗はこちら

・原宿表参道2nd店 ・渋谷スペイン坂店 ・新宿東南口店 ・浅草ROX店 ・日本橋武田グローバル本社ビル店 ・高田馬場店 ・パークシティ武蔵小山 ザ モール店 ・原宿表参道店【店頭販売は自粛】 ・ビーンズ阿佐ヶ谷【店頭販売は自粛】 ・アルシェ大宮店 ・栄オアシス21店 ・梅田茶屋町店 ・心斎橋BIGSTEP店 ・クリスタ長堀店 ・紙屋町シャレオ店

※上記情報はこちらのページを参照しております。

ゴンチャのデリバリー注文可能メニュー一覧

デリバリー注文可能メニューはこちら

・タピオカ黒糖ミルク紅茶
・タピオカ黒糖ミルクウーロンティー
・タピオカ紅茶ミルクティー(ブラックミルクティー)
・タピオカジャスミングリーンミルクティー
・タピオカウーロンミルクティー
・タピオカ阿里山ウーロンミルクティー
・黒糖ミルク紅茶
・黒糖ミルクウーロンティー
・紅茶ミルクティー(ブラックミルクティー)
・ジャスミングリーンミルクティー
・ウーロンミルクティー

・阿里山ウーロンミルクティー
・紅茶(ブラックティー)
・ジャスミングリーンティー
・ウーロンティー
・阿里山ウーロンティー

ゴンチャ直送便(自社デリバリー)は現在初台店のみで対応

2020年5月7日現在では、初台店のみでの対応のようです。対応店舗に関しては最新の情報が入り次第順次更新していきます。

UberEats・出前館・LINEデリマでのゴンチャ値段比較表

各サービスで値段の違いを表にしました。出前館とLINEデリマは商品のみで最低注文金額が800円以上なため、タピオカウーロンミルクティー+紅茶ミルクティーを両方頼んだ時の値段で比較をしております。

 Uber Eats出前館LINEデリマ
タピオカウーロンミルクティー540円540円540円
紅茶ミルクティー460円460円460円
送料350円※1420円※2420円※2
サービス料など100円※3なしなし
合計金額1450円1420円1420円
最低注文金額なし800円以上※4800円以上※4
決済方法カードのみ現金+α※5現金※5

キャンペーン
(初回注文時)

1000円off
クーポンあり

 

500円off
クーポンあり

※1 UberEatsの配送手数料は、店までの距離や注文状況によって変化します。一般的には260円~570円の間くらいになります。今回お店までの距離は3Kmほどでした。
※2 出前館とLINEデリマでは商品金額合計1500円以上で送料は310円になります。
※3 注文金額の10%で計算されます
※4 出前館とLINEデリマでは最低注文金額を満たさないと注文できません
※5 出前館とLINEデリマではお店によってはクレジットカードが使えません。今回ゴンチャも使えませんでした。

一旦結論:値段は大差ないのでキャンペーン割引が最もお得

ここで結論

それぞれのサービスで金額はほぼ変わらない。

安くお得に注文したいなら、その時使えるキャンペーンを使用して注文するのが一番お得。

実はどのサービスを使っても金額はほぼ変わらないです。

それではここからは、各サービスごとの注文方法や実際の注文時の金額、またキャンペーン割引情報をご紹介していきます。

なるほど、どれも金額は大差ないのね。。。

ウーバーイーツでゴンチャを注文してみた

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、アプリやウェブサイトから簡単に料理を注文できる、フードデリバリーサービスです。初回注文の方は下記記事内のクーポンコードを使用することで1000円オフで注文できます。

あわせて読みたい
【超簡単】ゴンチャをウーバーイーツ初回1000円オフで注文する方法完全解説【クーポンコード付き】 そんな疑問にお答えします。 この記事ではUberEatsをこれから利用する人に向けて、ゴンチャの注文方法を画像付きでご紹介します。...

ウーバーイーツのゴンチャの価格

ウーバーイーツでの商品価格は店で頼む場合と同じです。それに加えて送料(配送手数料)とサービス料10%(+少額注文における手数料150円)が発生します。

 

送料(配送手数料):260円~570円(店舗までの距離や注文時間帯によっても変動)
サービス料:商品代に対しての10%分
少額注文手数料:商品の注文合計金額が700円以下の場合は+150円の少額注文手数料が追加されます

Uber Eats注文一例詳細
タピオカウーロンミルクティー540円店の価格と同じ
紅茶ミルクティー460円店の価格と同じ
送料(配送手数料)350円※1260円~570円
サービス料100円注文金額の10%
少額注文における手数料商品価格700円以下で+150円
合計金額1450円 

※1 一例ではお店までの距離は3Kmほどです。

支払い方法「クレジットカード決済」

ウーバーイーツの決済はクレジットカード決済です。お店側にはアプリ上で決済を行いますので、商品を受け取り時に配達員の方に対してのお金の支払いはありません。逆に代引きはできません。また対面での受け渡しを避けた置き渡しのサービスにも対応しています。

あわせて読みたい
ubereats
【Uber Eats初回注文解説】タピオカミルクティーを実際に注文してから受け取るまでの流れを紹介【1,000円offプロモコード付き】ティースタンド愛好家のdoutapirukaです。 最近街でよく見かけるUber Eatsを、先日初めて使ってみました! 店に並ばす...

ウーバーイーツのデメリット「雨の日は注文できない可能性あり」

天候が悪い日などは、配達パートナー(配達員の方)が不足していて、エリアによっては注文できない場合があります。

ウーバーイーツのメリット①「一杯から注文できる」

ウーバーイーツでは最低注文金額が示されていないので一杯から注文できます。

ウーバーイーツのメリット②「初回は1000円OFFクーポンあり」

初回注文は1000円オフで可能できます。下記記事内に掲載しているクーポンコードを入力することで割引できます。

あわせて読みたい
【超簡単】ゴンチャをウーバーイーツ初回1000円オフで注文する方法完全解説【クーポンコード付き】 そんな疑問にお答えします。 この記事ではUberEatsをこれから利用する人に向けて、ゴンチャの注文方法を画像付きでご紹介します。...

出前館でゴンチャを注文してみた

国内フードデリバリーサービス最大手の出前館。最近ではダウンタウンの浜ちゃんが出演しているCMなどを見かけて、ご存知の方も増えているかと思います。出前館でも5月よりゴンチャのデリバリーが始まりました。

あわせて読みたい
出前館でゴンチャのタピオカを注文してみた!手順画像付きで解説します そんな疑問にお答えします。 この記事では出前館でゴンチャの方法や、他のデリバリーサービスと比較したメリット・デメリットをまとめまし...

出前館でのゴンチャの価格

出前館での商品価格もお店で注文する場合と同じです。それに加えて送料が発生します。

基本の送料は420円です。1500円以上注文すれば310円になります。

送料:420円(商品価格が1500円以上の場合は送料は310円)

出前館注文一例詳細
タピオカウーロンミルクティー540円店の価格と同じ
紅茶ミルクティー460円店の価格と同じ
送料(配送手数料)420円1500円以上注文で310円
合計金額1420円 
最低注文金額800円以上 

 

出前館の支払い方法「代金引換又はAmazon・Apple・LINEのPay決済も可能」※

出前館の決済方法はお店によって対応が異なります。ゴンチャで確認ができた決済システムは、各システム決済(Amazon Pay・Apple Pay・LINE Pay・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い)と代金引換に対応してます。

※ゴンチャの支払いではクレジットカード決済は含まれてませんでした(5月7日時点確認)今後クレジットカードも使えるようになるとは思います。

出前館のデメリット「最低注文金額が800円」

出前館はお店によって最低注文単価が決まっています。店によっては一人分の注文量では金額が足りずに注文できない場合もあります。ゴンチャの最低注文金額は800円です。黒糖シリーズを通常タピオカ3倍にしない限りは一品では超えないので、2品以上で注文する必要があります。

出前館のメリット①「天候関係なく一定の送料で自社配達員が届けてくれる安定感」

出前館のデリバリーは、自社の配達員の方が届けてくれます。悪天候でも関係なく一律の送料で注文できるので安定感があります。

出前館のメリット②「現金での代引きが可能」

出前館は代引きに対応しています。クレジットカードを持っていない方でも、受取時に直接お金を支払いことで商品を受け取ることが可能です。

あわせて読みたい
出前館でゴンチャのタピオカを注文してみた!手順画像付きで解説します そんな疑問にお答えします。 この記事では出前館でゴンチャの方法や、他のデリバリーサービスと比較したメリット・デメリットをまとめまし...

LINEデリマでゴンチャを注文してみた

LINEアプリから注文できるデリバリーサービスのLINEデリマでもゴンチャを注文することが可能です。実はLINEデリマは出前館と提携したサービスなので、デリバリー自体は出前館の方が配達します。金額やサービス内容など出前館とかなり近いですが、支払い方法やキャンペーン情報などは異なります

あわせて読みたい
【LINEでゴンチャを注文できる】LINEデリマでタピオカを実際に注文したの手順画像付きで解説しますティースタンド愛好家のdoutapirukaです。 誰もが日常的に使っているLINEですが、実はLINEでゴンチャのタピオカを注文する...

LINEデリマでのゴンチャの価格

LINEデリマでの商品価格は店で頼む場合と同じです。それに加えて送料が発生します。

基本の送料は420円です。1500円以上注文すれば310円になります。

送料:420円(商品価格が1500円以上の場合は送料は310円)

出前館注文一例詳細
タピオカウーロンミルクティー540円店の価格と同じ
紅茶ミルクティー460円店の価格と同じ
送料(配送手数料)420円1500円以上注文で310円
合計金額1420円 
最低注文金額800円以上 

ここまで出前館と同じです。

LINEデリマでの支払い方法「現金代引きのみ」※2020年5月5日現在

現在ゴンチャでの支払い方法は現金払いのみとなっています。

LINEデリマのデメリット「最低注文金額が800円」

こちらも出前館と同じなのですが、店ごとの最低注文単価決まっていて、ゴンチャの最低注文金額は800円です。一杯だけでは注文は厳しい価格設定です。

LINEデリマのメリット①「LINEですぐに注文できる」

一番のメリットはLINE上で注文できる点です。新しいアプリをインストールしたり、新たなサービスに会員登録する必要がなく、LINEアプリで注文できるので非常にスムーズです。また

LINEデリマのメリット②「初回注文は500円OFFクーポンあり」※条件あり

初回注文では500円オフのクーポンあります。期限は5月31日までなのでお早目にどうぞ。下のリンクよりエントリーして注文します。

LINEデリマ初回500円割引で注文してみる

Uber Eatsのサービスエリアが全国に拡大中
あわせて読みたい
Uber Eatsで注文できる超人気タピオカ店10選のおすすめドリンクをまとめました【1,000円offコード付き】ティースタンド愛好家のdoutapirukaです。 この記事では、タピオカブログを2年近く続けて、雑誌「JJ」にもタピオカ記事で取材さ...

Uber Eatsのサービスエリアが現在全国に拡大中です(宮城県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、福岡県の対象地域)。Uber Eatsで頼める本当に美味しいティースタンドのドリンクもまとめたので、是非ご活用ください